スムーズに車を売るために

車の売買をするときに必要な書類って?

点検や納税を証明しよう

車を売る際は、いくつかの書類が必要になります。
自分で用意しなければいけないものもあるので、時間を見つけて取りに行ってください。
自動車検査証や、自動車納税証明書が必要になります。
これらの書類は、きちんと車を点検していることや、税金を納めている証拠になります。
それぞれ発行してもらえる場所が変わるので、調べてから訪れてください。
税務署は、休日は閉まっていることが考えられます。
やっていても混雑しているので、できれば平日に行くのがおすすめです。

印鑑登録証明書も必要になります。
この時に登録した、実印も忘れずにもって行ってください。
忘れないうちに、印鑑登録証明書を用意しておこうと考えている人もいるでしょう。
早めに用意しておくのはいい心がけですが、発行して1か月以内のものが有効になります。
それ以上前に発行してもらっても、車を売る時に使えないので気をつけてください。
どの印鑑を登録したのか、確認しておきましょう。
必要な時にすぐ取り出せるよう準備してください。

中には、住所が変わった人がいると思います。
その場合は住民票をもって行ってください。
結婚などで名字が変わった人は、戸籍謄本が必要です。
これは人によって、必要なのか変わります。
自分に必要な書類を見極めて、用意しなければいけません。
書類が1枚でも足りないと、車を売却できないので注意してください。
書類を入手したら失くさないように、わかりやすい場所で保管しましょう。

必要事項を記入すること

車は定期的に点検しなければいけません。 それを証明するために、自動車検査証が必要になります。 納税していることも証明できないと、お店では車を買い取ってくれません。 自動車納税証明書も用意してください。 書類が不足していると怪しまれます。 トラブルが起こるので、忘れずに用意しましょう。

書類を入手する際の注意点

スムーズに車を売る手続きを進めるためには、早めに書類を用意するのが良い方法です。 しかし、早すぎると書類を認めてもらえないので気をつけてください。 何か月前なら、書類が有効になるのか確認しましょう。 実際に車を売るのがもっと先になる予定なら、少し待ってください。

みんなが必要なわけではない

自動車検査証や、印鑑登録証明書は車を売るなら全員必要な書類です。 ですが、人によって必要になる書類もあります。 それが戸籍謄本や、住民票になります。 どんな時にそれらの書類が必要になるのか、チェックしてください。 どちらも市役所で発行してもらえます。