>

必要事項を記入すること

点検を受けている車を売ろう

車を買い取ってもらった後は、中古車として販売されるケースが多いです。
点検を受けていることが証明されれば、安心して売りに出せます。
問題がない車だと証明されているので、買い手もすぐに見つかるでしょう。
そのため、車を売る際は自動車検査証が必ず必要になります。
もし書類を失くしてしまった場合は、車を登録している陸運局で発行してもらえるので、すみやかに依頼してください。

再発行する際は、申請書類代と手数料が必要なのでお財布を忘れないでください。
定期的に点検しないと、車は故障してしまいます。
故障している状態で車を運転することは、非常に危険です。
事故を起こさないためにも、点検を受けてください。
車も売れないので、メリットがありません。

納税の義務を果たそう

日本には、様々な税金があります。
生活を送る上では、決められた税金をきちんと支払わなければいけません。
車を所有していると、自動車税が発生します。
税金を納めていることを証明できないと、お店は買い取れません。
自動車納税証明書とう書類があるので、車を売る時は入手してください。
納税していないと、法脱税の疑いをかけられます。

自分が捕まってしまいますし、そんな車は売れません。
どこのお店でも、買い取ってくれないと思います。
書類を失くした際は、住んでいる地域の税務署で発行してもらえます。
自動車納税証明書の発行は無料なので、見当たらない場合は遠慮しないで発行してもらってください。
納税していることを、きちんと証明しましょう。


この記事をシェアする