>

みんなが必要なわけではない

住所を変えた人が必要

自動車検査証と、印鑑登録証明書に自分の住所が記載されています。
引っ越しをした人は、それぞれの住所が異なっていると思います。
それでは本当に本人なのか、証明することはできません。
怪しまれると、車を買い取ってくれなくなるので、住民票を用意しましょう。
住民票があれば、引っ越ししたことを証明できます。

1回だけ引っ越しした際は、住民票が必要です。
しかし転勤が多い人は、これまでに何度か引っ越しをしていると思います。
その場合は住民票の、除票を用意しましょう。
住所が変わっていない場合は、住民票を用意する必要はありません。
自分の住所に変わった部分がないか、自動車検査証と印鑑登録証明書を調べてから車を売る手続きを進めましょう。

苗字を変更した人

結婚や離婚がきっかけで、名字が変わっている人がいると思います。
その場合も、本人だと証明するための書類が必要になります。
戸籍謄本を見せることで、印鑑登録証明書や自動車検査証に登録されている本人であることを証明できます。
そのように、全員が必要になるわけではない書類もいくつか存在することを忘れないでください。

車を売りたいとお店に相談した時、場合によっては必要になる書類も説明されます。
離婚して名字が変わったことは、あまり言いたくないかもしれません。
ですが戸籍謄本がないと、車を買い取ってもらえません。
必ず用意してください。
また、さらにお店で委任状と譲渡証明書を記入します。
すると車を売る手続きを進められます。


この記事をシェアする